2008年06月04日

猫の血液・血液型

16才11ヶ月の長老バブ猫(足)
s-1-91.jpg

8才3ヶ月の俺様殿様雷ぞー様猫(足)
s-1-92.jpg

2才8ヶ月の黒王子クローネ猫(足)
s-1-93.jpg

2才1ヶ月のお姫様Dちゃんことディーテ猫(足)
s-1-94.jpg

老若男女4ニャンの我が家で1人だけ仲間外れがいるのだ!!??

猫(足) 雷ちゃまに決まってるわね、デブ太目だもん(・m・ )クスッ
s-1-95.jpg

猫(足) 小娘こそ1人だけ女じゃねーか爆弾
s-1-96.jpg

ふらふら どっちも間違ってないけど?そうでなくって、実は血液型が違うのです。

猫の血液型はA型・B型・AB型の3種類で多くの猫はA型、B型は猫種によって
時々見られAB型は非常に少ないようだ。
日本猫・シャムとその混合種、バーミーズ、トンキニーズ、ロシアンブルーは
ほぼA型。ノルウェージャン・メインクーンの1%〜10%がB型、アビシニアン・
ソマリ・ヒマラヤン・ペルシャ・スコティッシュホールドは11%〜20%がB型。
ブリティッシュショートヘア・エキゾチックショートヘア・コーニッシュは
20%〜45%がB型。AB型が含まれる種はスコテッュホールド・ソマリ・ベン
ガル・アビシニアン・ブリティッシュショートヘアだそうだ。
(ちなみに、血液検査は一生しない猫の方がきっと多いかも@私は知りたがりなのと、
バブの病気を考えて今後貧血がひどくなった場合を考えてやりましたが。
新生子同種溶血現象があるので猫種によってはブリーダーさんは当然調べてるかな?
ひらめき 新生子同種溶血現象については追記で書きます。)

我が家は長老バブ・クローネ・DちゃんがA型、雷ぞーだけがB型なのだ。

下 Dちゃんと血液型証明書
s-1-97.jpg

血液型の検査をやっている病院は少なく、ほとんどの病院が検査機関に依頼
している。病院によって金額はまちまちで、私が行った事のある病院で一番
高かったのは1万円以上もしたがく〜(落胆した顔) (その病院にはお願いしませんでした@笑)

猫(足) 俺様、貴重なB型なんて・・・照れるぜー!!
s-1-98.jpg

ふらふら ら、雷ぞーさん、別に照れるような事じゃ!?笑

あ、でもね私もB型なの、雷ぞーさんと一緒だよわーい(嬉しい顔)

ここからは長くなるので追記で書きます、お時間ある方はどうぞです。
(今日の画像は以前に載せたものが含まれマッス。)

      ☆☆励みになります、応援して下さると嬉しいです☆☆
          下 それぞれポチっとクリックお願いします 下

    人気BlogRanking   ブログ村 猫ブログ
                                  ありがとうございました猫(足)              
 
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

猫の服・猫グッズ・猫雑貨と猫・ねこ・ネコ尽くしの Cat's Pad (猫の肉球)猫(足)
無農薬のキャットニップがたっぷり入ったシンプルキッカー今週再入荷予定。
クリックでSHOPへ 右 猫の服・猫グッズ・猫雑貨〜Cat'sPad〜  店長日記も公開中揺れるハート

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

ご訪問&応援ありがとうございます♪
皆様の応援がブログ揃続の大きな力となっています。
頂いたコメントはありがたく拝見し励みとさせて頂いておりますが、全員の方への
個別の返信はお休みしております。
皆様のブログへの訪問や応援を優先させて頂いております、ご了承下さいませ。
初めましてのコメントも大歓迎でするんるん
ブログをお持ちの方は遊びに行きたいのでブログURLの入力をして下さると
嬉しいです。URLの記載がないと訪問が遅れちゃう事がありますあせあせ(飛び散る汗)
メインクーンのブリーダさんが体調を崩され飼育困難になっているとの事で
今現在いる子たちの新しい家族を募集しています。
詳細は→状況報告にて、新しい家族募集の子は→こちらです。
ブログ左サイドバー家族募集のお願い迷子猫ご協力のお願いがあります、
Link等、ご協力をお願い致します。

barai-cart-anime.gif
                              また遊びにいらして下さいね猫(足)

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

情報に関しては私が調べたり本で読んだりしたのですが、情報的に古いものも
あるかもしれません。

猫は自分の血液型以外の抗原に対して自然抗体を持っていて、特にB型の猫が
もつ抗A型抗体は非常に強力なのでB型とA型の組合せには注意が必要なのだ
そう。B型の母猫からA型やAB型の子猫が生まれると、母猫の母乳を飲む事に
より「新生子同種溶血現象」が起こり生後数日内で突然死する事がある。母親の
初乳から抗体が入り仔猫の赤血球を破壊してしまうのだ。
B型の母猫とA型・AB型の子猫の組み合わせの場合とても重篤な問題になるが
母猫がA型の場合は抗B型抗体はそんなに強くないので、それほど問題は起こら
ないそう。A型で遺伝子AA型の♂とB型(遺伝子BB型)の♀の組み合わせ
では全ての子猫が新生子同種溶血現象を起こして死亡、またA型で遺伝子AB型
の♂とB型(遺伝子BB型)の♀の間では2分の1の確立で溶血現象が起きる
そうだ。ただ、もし不適合の組み合わせで子猫が生まれても子猫が母乳を
飲まない内に人口哺乳によって3日以上育てればいいとも。
昔(私が子供の頃)は室内飼いの概念がなく、猫たちは自由に外にだして飼って
いた。生まれた子猫が生後すぐ亡くなる事もあったのだが、こういう原因も
あったのかな・・・と切なくなった。

猫(足) わしはもう輸血は出来んぞえ〜
s-1-99.jpg

猫にも輸血があり、献血・供血猫は常に不足している。引越前に通っていた
病院では献血ドナーとなる犬猫を募集しており、我が家も協力させて頂こうと
思ったが、年齢1歳〜6歳で体重4kg以上の子が・・・いないのだあせあせ(飛び散る汗)
長老は年齢的に超アウトバッド(下向き矢印)雷ぞーが5歳か6歳の頃に登録しようと思ったが
雷ぞーの貴重なB型の血液は、血液検査の結果献血には向かなかった。

s-1-100.jpg

クローネとDちゃんはまだ体重が4kgに満たないし・・・なのだった。
でもでも、クローネは超健康体なので何かの際には協力出来るかと思う。
輸血血液に関しては保存できる設備を持つ病院が日本にはかなり少なく、
ほとんどの病院は保存が出来ないのが現状である。
(引越前に通っていた病院では冷却遠心器とディープフリーザーがあり、
保存血液を有効利用してました。)

人間と同じで異なる血液の輸血は重篤な副作用が起きる事がある。A型の
猫にB型の血液は溶血が起こるので出来ない。
逆にA型の猫がもつ抗B型抗体は弱いので、もしB型の血液が必要で、どう
してもA型の血液しかない時は、輸血することは可能なようだ。
輸血の際はドナーネコと患者ネコの血液を混ぜ合わせる適合試験クロスマッチ
テスト(交差適合試験)を行う。血液が不適合なら凝固や溶血してしまうのだ。

s-1-101.jpg

どうしてドナーになろうと思ったか(なれてないが@汗)と言うと、雷ぞーは昔から
入院が多くそんな中、猫にも輸血がある事を知った。それにより極度の貧血の
猫ちゃんが助かったり、事故の猫ちゃんが助かったり・・・。
猫の献血・供血に関しては病院によって様々なやり方がある。誤解が多いと
思うのは必ず麻酔をすると思っている人が多いのではないだろうか?
何か役に立ちたいと思っても自分の猫に麻酔かけてまで・・・と躊躇すると思う。
通常は無麻酔で行う事が多く、あとは影響を与えない程度の軽い麻酔の事も
あるようだ(病院によって違います、麻酔をすぐかける病院もあるようです。)
我が家も何か協力したいと思うがやはり麻酔は怖いし、麻酔なしでもノンスト
レスな子はいないと思う。
我が家で大人しく採血させてくれるのは病院大好き雷ぞーかクローネだけ。
長老とDちゃんは採血時は暴れるので中々大変。雷ぞーは年齢的にも血液的
にも無理なので協力できるのはクローネだけとなりそうだ。
(クローネはまだ体重が4kgいってないのと夏場は体調を崩しがちなので今は
無理ですが。)

供血については 右 供血の輪 に色々と載っています。

s-1-102.jpg

もっと色々詳しく書こうと思ってましたが、あまりに長くなるのでこの辺で。

s-1-103.jpg

【追記】
輸血・供血猫は室内飼いでワクチン接種が条件となります。
輸血に関しては無麻酔でもノンストレスではないだろうし、
輸血を勧めているわけではなくこういう事もあるんだと
書きたかっただけなので誤解なさらないようにお願いします。
尚、記事内でも書いていますが、血液型を一生調べずにいる
事の方が多いと思います。
血液検査は病院によってまちまちで、数千円で済む病院も
あれば1万円を超える病院もありました。私が調べた病院は数千円でした。
また、ドナー登録する猫さんの場合血液検査が無料となったりします。
ドナーの条件は病院によっても変わり、8歳までOKとする病院も
あります。

【再追記】
きぃたさんのコメントによると人工血液もあるそうです。
が・・・とても高価らしいですあせあせ(飛び散る汗)
扱っている病院が多いのかはちょっと未確認です。

ニックネーム barai at 08:45| Comment(61) | TrackBack(0) | 猫の健康管理・病気・病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
baraiさんすごーい!!

とってもお勉強になりました☆
猫たんは可愛いしお勉強になること
いっぱいだし、このブログはとても貴重!

しかし、検査に1万円もする病院があるのね。。
調べてみたいので1度先生に聞いてみます^^

ぽち☆
Posted by runa at 2008年06月04日 09:09
病院がよいが多いと、色んな事を知ることができますよね。
私もついこの頃知りました。
っといっても、にゃんずは若くないのでお役には立ちそうにもありませんが・・(^^;
日々勉強ですわ。
Posted by 猫ママ at 2008年06月04日 09:20
当たり前だけれど猫にも血液型って
あるのですよね。
今まであまり気にしたことなかったけど、
何かあった時のために調べておくといいんですね。
さすがbaraiさま!!

ずっと応援して頂いていた陽くんですが、
先日無事にお婿入りを済ませて参りました。
ホッとしました〜。

ご支援のほど、本当にありがとうございました!
Posted by KEI at 2008年06月04日 09:31
猫にも血液型があるのは知ってましたが
詳細はわからず…お勉強させてもらいました^^
我が家の猫さんに活かせればいいのですが。
baraiさんの猫ら〜に対する姿勢を見習わなくっちゃ!w
ではでは感謝もこめてポチ☆
Posted by 七瀬あずき at 2008年06月04日 10:12
猫さん犬さんにも血液型があるのは知っていましたけど
ほとんどがA型ってのは知りませんでした
家の子は生粋(爆)の日本猫ですから きっとA型ですね
雷ぞー様がB型って お似合い過ぎで怖いんですけど(爆)
   
供血の条件てかなりシビアなんですねぇ
供血後の猫さんの健康が阻害されてはいけないから当然なんでしょうけど
体重4kg超って 家ではタロがギリギリ合うかどうか
(今いても年齢でアウトですが^^;)
こうして見ると 輸血用血液が不足しているのもむべなるかな
だから猫さんの輸血ってあまり聞かないんですねぇ
   
ビタはもちろん無理ですけど 
将来的に条件の合う子と暮らせたら 供血しようと思います
あ〜 病院探しが難しいかな?
でも どの猫さんも健康でいられたら良いですもんねっ
今回の病気で心にしみましたけど
助け合う事の素晴らしさ 忘れずにいようと思います
Posted by くー at 2008年06月04日 11:25
血液型とか輸血とか
まだまだ知らないことがいっぱいです。
血液検査に1万円とはびっくり!
なにかの折には調べてもらうのも必要かなぁ。
難しかったけど勉強になりました。
Posted by にゃおみ at 2008年06月04日 12:28
シエルの手術の時、思った以上に出血が酷く、急遽院長先生のおうちの猫を奥様が連れてきてくれ
輸血しました。その時稀にショック症状が出ることがあると説明されました。
血液型を知っておくとそのリスクも減るってことですね。
ちなみにうちの人間家族4人ともA型なんだわ〜^^
Posted by shimba at 2008年06月04日 12:40
考えてみたら猫さんの血液型って重要なのかしら??
ココアの血液型って知らないわ・・・
いや・・・初めて病院に行ったときに調べてくれてるはず・・・
単に私が覚えてないだけか・・・(汗)
Posted by coco-punch at 2008年06月04日 12:40
なにかのときのために、と思いますよね。
ただ、うちの子たちは病院で聞いてみたところ
元お外にいた猫だと出生が定かではなく
当然過去の病歴も分からないし、
そのままでは輸血や献血には使えないそうです。
なので、献血するための検査が大変らしく
さすがに猫に多大なストレスになってしまうかな?と断念です(ーー;
Posted by 沙羅 at 2008年06月04日 12:41
てっきり猫はみんなA型なんだと思い込んでました。
勉強になります〜顔(笑)
雷ぞーさんはB型なんですね!カッコイイ(〃∇〃)
事故に遭ってしまった猫ちゃんたちのために協力してあげたい気持ちはすごくあります。
でもくるみは3`でガリガリだし・・・
いつか、次に迎える子が大きくなったら協力したいな('-'*)
Posted by かおりん at 2008年06月04日 13:01
フムフム・・・なるほど〜・・・
猫様のお役に立ててないわ〜
我が家は 血液型調べてないし^^; 1万は高いな〜って思ってしまうし・・・
献血の為に 病院に連れて行くのは・・ ストレス避けたいし・・・
私の勝手すぎますかね・・しっぺ返しの無い事を祈りますー苦笑
Posted by ronmama at 2008年06月04日 13:11
すごく勉強になりました〜〜郵便局
ずっとにゃんこって一種類の血液型しかないと思ってた・・・・顔(笑)
すごい・・・人間並みですーー
それににゃんこの献血まであるそうでぴっくり。猫(笑)
私が行く病院では、病院で、輸血とかのためににゃんことワンコを買っていて、以前腎不全のにゃんこに自分で点滴しないといけなくて、練習のためにこの子にして下さいって言われて、とても可愛そうで出来なかった覚えがあります。(だって健康なのに)猫(泣)
このにゃんこだけで輸血してるのかなあ・・
と思ってたので一種類って思ったのもあるかもしれません。
献血制度があれば本当に助かりますよね・・・ぴかぴか(新しい)
キャンディは無理っぽいけど・・・
どれくらい取るのかなあ・・・・猫(足)
私は毎年してます♪♪
雷ぞーくんだけ違うんですねーー♪
すごーい♪♪
血液型証明書までもらえるんだーー
何か素敵かも・・・額に入れて飾りたい♪
今度病院行ったらきいてみよっと♪揺れるハート
Posted by ありすうさぎ♪ at 2008年06月04日 13:17
うひゃぁ〜
すんごいお勉強になりました!
機会があったらうちの子も血液型調べてみたいな

う〜ん…輸血かぁ〜
うちの子はブラッドとシンバがクリアしてるけど
シンバは血中脂肪が多そうだから輸血は無理かな;
他の子はトトとレオンが年齢体重共にクリアしてるけどワクチン打ってないからダメだし

輸血に協力したいとは思っても中々難しいのが現状ですよね〜

Posted by 祇樹 at 2008年06月04日 13:58
そうそう、献血・・・
うちに適正の子が居たのよ。先生に相談して
「是非、お願いします!」と言われ・・・
いざ病院に行ったら、病院大嫌いになっていて
何もしていないのに40度も熱出して
あえなくリタイヤした思い出があるわ。
家に帰ったら、ケロッとして熱はないし(笑)
人間が思う様に上手くはいかなかったわ。

雷ちゃんだけがB型なのね。
照れてる雷ちゃん可愛いぞぉ〜♪

Posted by にんぶー at 2008年06月04日 13:58
わぁ・・・
勉強になりました〜!
って、まだちゃんと頭に入ってないけど(〃´・ω・`)ゞ

雷ちゃまとbaraiさん、B型なのね!
私も一緒なの〜♪
Posted by ゆちこ at 2008年06月04日 14:12
とても勉強になりました。
私はO型ですが・・・猫にはいないんですね・・・
ちと寂しい♪(−−)
Posted by まりま〜 at 2008年06月04日 14:13
猫の血液型はA型がほとんどだというのは昔何かで読んだので、きっとうちのコたちもそうなんだろうな・・・ぐらいに思ってました。
でも雷ぞーさんがB型ってことはわかりませんね!
実は私もB型なので微妙に嬉しいです(←雷ぞーさんファン♪

供血については以前テレビで見たのですが
とある動物病院でそこで飼っているコ(わんちゃんだったと思いますが)がドナーとして活躍していました。
でもどう考えても少なそうですよねあせあせ(飛び散る汗)

それにしてもbaraiさんの勉強熱心さにはいつも頭が下がります。
私も見習わないとだわ!
Posted by mizna at 2008年06月04日 14:39
baraiさん血液型のこと詳しく調べて偉いなぁ。
雷ぞーくんは貴重なB型だったのですね。
baraiさんもですかぁ。
雷ぞーくん、ママと同じで嬉しいね☆

私も3匹が何型か、以前調べてもらおうと思って先生に聞いてみたのですが、先生の病院じゃ無理とのことで、諦めた事がありました。
今でも何型が知りたいけどお高いんですね。
数千円でもx3となると・・・頭が痛いです(泣

リンクありがとうございましたぁ(^^)
こちらも完了しました。
これからも宜しくお願いします(ペコリ
Posted by マロンママ at 2008年06月04日 15:14
ほとんどA型だとは知ってたけど、やっぱりB型とかもあるのね。
そういえば、血液検査はよくしても血液型は検査したことないかも。
万が一のため、血液型検査してみようかなぁ。
でもとりあえず、金額相談が先ね(^_^;)
Posted by cheekykoko at 2008年06月04日 15:17
凄い勉強をしてますね!
さすがですClap
猫ちゃんも血液型があるんですよね!
あ〜調べたい・・・でも高くてビックリ!
雷ぞーさんは貴重はB型なんですね!
きゃ〜お顔隠してる写真可愛い〜揺れるハート
Posted by ロコ at 2008年06月04日 15:28
初めまして。はろぉちぐ♪さんの所からやってまいりました。良く拝見させて頂いておりましたが、なかなか機会がなくコメントをお入れ出来ずにおりましたが今回初コメさせて頂きました。猫のA型、B型、AB型があるのは知っておりましたが 殆どがA型なんですね〜。我が家も3匹おりますがKYのメンズくんだけがB型らしいです <(^ー^ι)
(ちなみに、にーちゃんも長男のB型・・・打つ手無し・・)
ヾ(* ̄▽ ̄)ノ。

みんな写真うつりが良いですよね〜。
目が大きくて黒目パッチリだからメッサ可愛いです。
Dちゃんの優しい顔に癒されます。
これからも宜しくお願いします m(__)m。
Posted by にーちゃん at 2008年06月04日 16:59
わぁ!!
血液型の検査されてるんですね。
凄いなぁ。
雷ちゃんは珍しいB型なんだぁ。

我が家のワンコ、
輸血に協力させてもらったのですが
鎮静+麻酔でした。
Posted by まめのお世話人 at 2008年06月04日 17:02
baraiさん 詳しいですねー(スゴーイ)
ニャンコにも血液型があるらしい…ぐらいしか知りませんでした(^ω^;)

さて ウチの子は何型なんだろう〜??
神経質だからA型…??
って考えが安易すぎますー(笑)
Posted by りきまま at 2008年06月04日 17:15
猫の血液型って昔ふと疑問に思ったけど、確かに検査までする人は少ないっすなぁ。
猫って一匹ずつあんだけ性格違うのに、ほとんどA型って……!?
血液型性格診断も意味ないっすね。
Posted by showa-neko at 2008年06月04日 17:53
きゃ〜〜!!雷ぞー様ってB型なんですね〜☆
私も一緒です〜〜!!o(≧∇≦)o
ものすごい嬉しいんですけど(笑
しかもbaraiさんもだなんて〜〜o(*^▽^*)o
仲間♪o(^▽^*)人(*^▽^)o仲間♪
で、うちの2匹は何型なんだろう。。。(笑
Posted by ねこばか at 2008年06月04日 17:57
猫にも血液型ってあるんですね。
はじめて知りました。
いい勉強になりましたGood
さっすがbaraiさんだなぁ〜。
尊敬の眼差し目
Posted by イヴ at 2008年06月04日 18:01
わわっ!猫の血液型ってA型だけかと思ってたぁ〜〜!!(恥)
そっかぁ、雷ぞーさんだけB型なのね♪
MCのライたんはB型の可能性があるかもなのね!
あのマイペースっぷりはB型じゃないのかっexclamation&question(笑)

子猫の溶血のお話にはびっくりでした。
なるほど、そんなことが起こる可能性があるのねぇ〜がく〜(落胆した顔)
供血ドナーの猫のお話、前に猫雑誌で読んだことありました(アメリカでの話しだけど)。
そこのドナー猫さん達は病院から要請があったら、すぐに応じるシステムだったかな。
今日はとーーーっても、勉強になりました!いつもありがとうぅぅ〜〜( ̄ё ̄)チュッ
Posted by Chikaぽん at 2008年06月04日 18:09
私もB型です。エヘヘ
マーちゃん、もうすぐ1歳、健康すぎるほど。
さらに、4キロ超えてるじゃないですか〜
いざというときの為に、秋のワクチンの折、
お医者さんに聞いてみますね。
貴重な情報をありがとうございます。
さすが、baraiさんClapClap
Posted by マーニャママン at 2008年06月04日 18:10
すご〜い@@!
baraiさん知りたがりをこえちゃってますね^^v
ネコさんの血液型、知ろうとも考えたこともありませんでした。
大変勉強になりました^^v

血液型で性格もかわるのでしょうかね^^?
Posted by you-bo-bo at 2008年06月04日 18:32
猫の血液型・・考えてみたことも無かった(汗)。
で・・追記を読もうと思ったら・・(何処じゃ??)。
コメント書き込もうとして見つかった(苦笑)。
へぇ・・ 輸血。 これも考えたことが無かったよ〜。
てか、聞いたことも無かった(汗)。
baraiさん、お勉強家だねぇ(感心)。
Posted by ぢる at 2008年06月04日 19:18
未だにクローネくんが4kgないというのが不思議ですね〜。長毛だから、画面上では大きく見えますね猫(足)
輸血は人工血液もあります。ものすっっっごく高価ですけどね・・・バッド(下向き矢印)
動物の医療って、どうしても人間には追いつかないですからね・・
Posted by きぃた at 2008年06月04日 19:34
血液型は大体調べてあります。
子猫の溶血も私たちには必要な話ですね。
よく他の方から聞かされます。
うちは供血出来る子がいっぱいなんです。
ですから何か手術がある時には自分のうちの子を連れて行くようにしています。
Posted by dino at 2008年06月04日 19:58
血液型かぁ。こんなにも詳しく知りませんでした。
さすがbaraiさん!
もっとお勉強せねば、と反省ちぅ。
今度病院に行ったときに、いろいろ聞いてみよーっと。
Posted by nana at 2008年06月04日 20:44
ニャン・ワンに何種類かの血液型があるのは以前読んだ本で知っていましたが、ニャンコはA型が大半なのは知らなかったです。( ..)φメモメモ
読んだ本は、アメリカの病院の話でそこでは常に「輸血用ニャン・ワン」が飼われているのと、患者さんたちの登録で協力してもらっていました。
わたしの住んでいる地方は田舎なので、病院で血液型検査の話や輸血のはなしは聞いた事がないです(´;ω;`)
血液型を調べたり、輸血をする事はきっとこの先もないのだろうなぁ〜と思います。
bataiさんは、ニャンコの事をいっぱい調べたりしていて本当にすごいですし、尊敬します。
わたしも、もっと勉強しなくっちゃ〜っと反省です〜
Posted by ねこおばば at 2008年06月04日 21:07
すごく勉強になりました!
血液型があることは聞いたことがあるけど、溶血するなんてて、ビックリしました。
うちのこたちの通っている病院でも、供血猫を募集していて、でも麻酔かけるのかぁ、と躊躇していました。
夏にそら君の心臓の検査をしてオーケーだったら、先生と相談して供血してもいいかなぁ、と思いました。
だって人事じゃないですものね〜。
ちなみにワタシ個人も献血マニアな時期がありましたww今は仕事でくたくたで行っていないけど〜。
Posted by るーちゃま at 2008年06月04日 21:11
なるほど〜凄い勉強になります!
雷ぞーさんは貴重なB型なんだ〜
うちの子は何型なんだろう?
いつか調べてみたいなぁ(=^ェ^= )
Posted by ellemoi at 2008年06月04日 21:39
おぅ〜!さすがbaraiさん★血液型まで調べたんですねexclamation&question尊敬しまっす!
雷ぞ〜様だけ血液型が違うってのも、すごい!!やっぱり雷ぞ〜様は一味も二味も違うのね。かごに入ってるDちゃん、超萌え〜ヽ(^o^)丿ノックアウトされそうですわ!
クロちゃんの手袋確認〜(^u^)ポチ。
Posted by ten at 2008年06月04日 21:53
ニャンコの血液型にO型が無いのは知ってましたけど、いろいろあるんですね〜♪
勉強になりました(φ(・ω・。)メモメモ
一万円は高い・・と・・(φ(・ω・。)メモメモ

うちは何型なんだろ〜。。。
Posted by まこ at 2008年06月04日 21:59
そういえば、ニャンズの血液型って
考えたこともなかったです。
baraiさん、すごいですっっ
勉強になりました。ありがとうございました!!
Posted by カエル子 at 2008年06月04日 22:01
ニャンコの血液型、しかも、証明書まであるんですね〜ぴかぴか(新しい)
知りませんでした・・・顔(汗)
うちの子は、何型なんだろう?
やっぱり、ガタガタ?クワガタ?ヤマガタか?顔(イヒヒ)
Posted by ギズモ at 2008年06月04日 22:08
baraiさん、すごいClap
血液型不適合のことは本で読んで知ってましたが、ねこ種別のB型の割合
とか、ちゃんと書いてありませんでしたよ〜 さすがぴかぴか(新しい)

雷ぞーさんB型ですか.俺様、雷ぞー様は血のせいかも知れないですね顔(笑)
マイペース〜かわいい
Posted by ひさごん at 2008年06月04日 22:46
ニャンコの血液型。。。
あるのは知っていましたが、こんなに詳しく知ったのは始めてです。
と〜っても勉強になりました。
うちの息子は何型なんだろう??
気になるね〜〜。
Posted by らいママ at 2008年06月04日 22:50
猫の血液型ってそんなにあるのですね?
私ずっと猫の血液型は B型がおおいと思っていました・・・(っ・ω・;A
うちの子は 「小型」ですが(笑)
Posted by とら。主 at 2008年06月04日 23:37
(*'▽'*)わぁ♪
私もbaraiさんと同じB型でーす(* ̄ω ̄)v
猫にも血液型があるとは思っていましたが
相性って関係あるのでしょうか?
人ひは血液型で相性があるでしょう?
気になるわ〜(*´艸`)
でもB型って相手をあまり選ばないと思いませんか?
私だけかなぁ・・
Posted by hanako at 2008年06月04日 23:44
ニャンの血液型ってAが多いっていいますものね〜〜。
雷ぞーくんだけがBでしたか!!かなりレアな感じがしますね☆
我が家でも今週末は血液検査の予定。
血液型は勝手にAだと思い込んでいたけど、
チェックしてみなくちゃいけませんね〜〜(苦笑)。
Posted by Chocolat at 2008年06月04日 23:44
色々と勉強になりました〜!
うちはまるしか検査してないのですが、A型でした☆☆
ごろもそのうち検査してもらおうかな。。

Posted by とっちー at 2008年06月04日 23:56
猫の血液型にOってないんですよね…

やっぱり猫様の血液型も知っておく必要がありますよね…輸血などの事は全然無知でした…すごい勉強になりました★★ありがとうございます♪♪

雷ぞー様、B型〜なんとなく納得できちゃったりして☆だって魅力的だもの☆
Posted by ラルたんママ at 2008年06月04日 23:59
今日もまたまた、かなり勉強になりました。
多分私のかかりつけの病院でも血液検査はしてないかも・・・
うーん、どうなんだろう・・・
自分ちの子の血液型って知りたいな^^
ちなみに私も、雷ぞーさん&baraiさんと同じBです^^
Posted by みぃたん at 2008年06月05日 00:15
ホント、baraiさんって、すごく勉強してるんですね〜♪
私も勉強になりました。
次回、病院に行く時に、血液検査の事聞いてみよっと♪
Posted by pum at 2008年06月05日 00:23
 教育テレビみたいに 楽しくお勉強させていただきました。
私も血液型調べたいと思いつつ、うちの子はみんな採血嫌いなので なかなかできずにいます。

 かかりつけのクリニックでは、輸血用を兼ねて猫ちゃんを2匹飼っておられます。とってもおとなしい猫ちゃんです。A型とB型だったと記憶しています。
Posted by はろぉちぐ♪ at 2008年06月05日 00:31
私も勉強になりました。
自分の子が可愛いようにほかのかわいい猫ちゃんたちのために考えたいことです。しかしそうなるとやはり病院からだしもっと勉強せねば。
さて今日もD姫、籠のお写真から魅せてくれますねぇ〜。お外の長老さまもいいわ〜。
Posted by mia at 2008年06月05日 00:43
_ψ(‥ ) カキカキ...
とても勉強になりました

血液検査は年1回してもらっているけど、
血液型を調べたことはありませんでした・・・

ウチのコも高齢だし、
いろいろ知っておかないと!

Posted by みかこ at 2008年06月05日 01:05
4kg以上とは知らなかった・・・
OKだったのは、ムートとアルだけだったのね・・・
でも、緊急を要することだったので、あの時は仕方がなかったということでσ(^^;)アセアセ...

Posted by penny at 2008年06月05日 01:51
昔・・っていつの頃か、ずっと以前から猫ちゃんはB型しかいないってずっとずっと思ってましたあせあせ(飛び散る汗)
全然違うんですね。。
そしていろいろ複雑…自分から調べようとしたことも何にもなかったけれど、いろいろ知っておかないといけないこともありますね目

我が家は両猫ともあと1kgくらいは増えても良さそうだけど…なぜに増えない?
まぁそれでも元気なんですが・・・猫(笑)
Posted by きばりん at 2008年06月05日 03:16
へぇ〜。へぇ〜っ!!
(*゚Д゚)φ))高速メモリーヌ!!

そーですよね、いざって時にも知っておくといいですよね。
もっと調べてくれる病院が増えればいいのに。

とっても勉強になりました☆
Posted by うにゃ。 at 2008年06月05日 11:30
かわいい皆様へかわいい
ご訪問&コメントありがとうございます♪
皆様の応援・コメントが毎日とても励みになっています黒ハート
個別にお返事出来なくて申し訳ありません。
血液型ですが、調べない猫ちゃんがほとんどだと思います。
・・・が、私は知りたがりなので顔(ペロッ)
万が一輸血が必要な病気になった場合はその時点で調べたりクロスマッチテストをすると思います。
我が家は長老が腎臓を患っていて今後貧血になった場合を考えたりしました。
もし輸血が必要になったらクローネとDちゃんから血を分けるかもしれません。
が、同じ猫からの輸血は何度も出来ないのと・・・長老は病院嫌いで暴れん坊になるのもあって、延命の為の輸血をするのかどうか、それで元気になって長生きするのであればするかもしれませんが、ただ苦しめるだけだとしたらしないとも思います。
輸血をして楽になるのであればしてあげたいし・・・その時になってみないとと。
輸血・供血を待っている猫ちゃんはたくさんいると思います。
ただ、自分の猫に負担を強いてまで・・・とは中々思えませんよね。
我が家もDちゃんはちょっと無理そうです。
輸血には病院選びも重要だと思いますし、今後もっと保存の設備が増えればもう少し良い方向へ向かうのだと思います。
ペットブームと言われて久しい日本ですが、色んな意味で遅れている面がありますね。
Posted by barai at 2008年06月05日 12:13
四葉ronmama様四葉
あ・・・1万した病院では検査してないんですあせあせ(飛び散る汗)
我が家は長老の今後もあって検査しましたが通常は検査しない事の方が多いと思うし、その時になってからでも良いのだと思います。
献血の為に病院というのは確かにストレスですね。
ただ健康診断で血液検査はするのでそういう面では・・・。
>私の勝手すぎますかね・・しっぺ返しの無い事を祈りますー苦笑
上そんな事はないですよ、誰だって自分の子が一番大事で可愛いですもの。
私もDちゃんはちょっと無理だと思ってます。
ただ・・・雷ぞーが生死の境を彷徨い助けて頂いた事もあって何かお役に立てるならと思っただけなのです。
Posted by barai at 2008年06月05日 12:25
四葉ねこおばば様四葉
日本の動物病院でも輸血用ワンニャンを飼っている所があります。
ただ輸血は頻繁に出来るものではないので、やはり不足しているようです。
ドナーの登録をやっている病院もありますが、中々難しいです・・・。
Posted by barai at 2008年06月05日 12:28
四葉にんぶー様四葉
あらら、そうでしたかぁぁぁ〜あせあせ(飛び散る汗)
やはりいざとなるとNGって事もありますよね。
Posted by barai at 2008年06月05日 12:36
四葉きぃた様四葉
人口血液もあるんですね、それは知りませんでしたひらめき
扱っている病院は多いのかしら?
でもでも・・・めっさ高いのですねたらーっ(汗)
Posted by barai at 2008年06月05日 12:37
たまにB型の子が居るのは知ってたけど
雷ぞー君がB型だったとは驚きですねあせあせ(飛び散る汗)
機会があれば我が家の2猫も調べてみようかな
採血時両方とも暴れるけど顔(なに〜)
Posted by moeki at 2008年06月06日 07:27
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1401691
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック